太鼓判競艇予想サイト

競艇革命V-MAX(ブイマックス)が分析する各会場の特徴と展開傾向を紹介!

競艇革命V-MAX(ブイマックス)

競艇革命V-MAX(ブイマックス)は、その他の競艇予想サイトとは一味違った“3連単ボックス買い”予想を提供する競艇予想サイトです。

競艇革命V-MAX(ブイマックス)では、「元A1級レーサー」「養成所元教官」「某競艇場元整備士」「元番組マン」「元記者」などの5部門総勢20名を超えるプロフェッショナルたちが提供する“珠玉の関係者情報”に加え、膨大な過去データを独自開発システムにて解析して予想を提供しています。

そもそもの話となりますが、競艇革命V-MAX(ブイマックス)では勝負券種が他の競艇予想サイトとは違います。

競艇の3連単の的中確率が120分の1であることは、あなたもご存知だと思いますが、120回の勝負で1回当てられるという確率であり、いくら競艇が公営ギャンブルの中で最も的中率が高いとはいえ、的中を量産させることは難しいんです。

でも、競艇革命V-MAX(ブイマックス)では、「コースの有利や不利」「レーサーの技量やモーター、競艇場の状態」などの関係者からの情報をもとに予想を提供するだけではく、競艇玄人からは“邪道扱い”されている、「箱買い(ボックス買い)」で舟券を購入することで、「リスクヘッジ」を行いながら「高配当」を生み出すことに成功しています。

4艇ボックス買い予想の提供となりますので、的中確率は120分の24、つまり5分の1の的中率になります!

このことにより、“最小限のリスク”で“最大限の収益”を掴む予想の提供が可能となり、競艇をはじめとするギャンブルで最も重要視される“負けない”予想を提供しています。

競艇革命V-MAX(ブイマックス)がしっかりとした分析を行っていることを証明できる事項として、会員サイトには全国24箇所の競艇場の特徴と展開分析が記載されていますので、引用してエリアごとに紹介しますね!

関東エリア

桐生競艇場(群馬県)

全国24条の中で最も気温が低く、標高も115mと一番高い位置にある競艇場。ナイター記載という事もあり、他の競艇場よりも気温が低い為、エンジンの出力が高い。さらに冬~春は「赤城おろし」と呼ばれている独特の風が吹き水面が荒れる。水質は炭水で海水に比べて体重差・モーターの機力差が出やすい

戸田競艇場(埼玉県)

コース幅が全国24場の中で一番狭い競艇場。水質は炭水で水面は基本的に1年中穏やかだが、第1ターンマークが第2ターンマークよりもホーム側に近い位置に設置されているため、インコースを走る選手はアウトコース艇よりも長い距離を走らされ、またボートの向きがターン方向とは反対側を向いてしまうのでターンが難しく、インコースが弱い競技場としてよく知られている。

江戸川競艇場(東京都)

全国24場の中で唯一、河川を利用したレースが行われる競艇場。満潮時の上げ潮と干潮時の下げ潮による水位の影響が大きく、枠通りの侵入が多い。また、天候に大きく左右され、風や波で水面が安定せず荒れやすいので「日本一の難水面」とも言われている。この独特の水面を攻略できる「江戸川巧者」が活躍し、格上の選手相手でも実力が逆転することがある。

平和島競艇(東京都)

1コースの勝率が他の競艇場に比べて低く、逆に6コースの勝率は全国24場の中でトップ。バックストレッチでの斜行が禁止されており、第1ターンマークから第2ターンマークへと吹く向かい風、俗にいう「チルト3度の風」が吹く時は、第2ターンマークで逆転する展開が非常に多い。また、周囲は建物に囲まれている為、ビル風と合わせて強風が吹き水面が荒れやすく、風向きも変わりやすいのでスタートが難しい競技場と言われる。

多摩川競艇場(東京都)

淡水で潮の満ち引きがなく、周囲が樹木で囲まれているため風邪の影響も少なく「日本一の静水面」と呼ばれる非常に走りやすい競艇場。水面も全国24場の中でトップクラスの広さを持っていて、第1ターンマークから対岸までは108メートルもあるので、全速ターンがしやすい。淡水の為、体重差・モーターの機力差が出やすい。

>>>3連単ボックス買いで万舟券を狙う新しい競艇予想サイト「競艇革命V-MAX(ブイマックス)」はこちら

東海エリア

浜名湖競艇場(静岡県)

全国24場の中でもトップクラスに広い水面で、潮の流れはほとんどなく、干満の差も少ししかない。冬場は強い追い風で逃げ・差しが多くインが有利になってくるが、夏場はホーム向かい風の日が多くなり、センターからのまくり・まくり差しが増えるなど、季節によって決まり手が変わってくる

蒲郡競艇場(愛知県)

開催される全てのレースがナイターレースとなっており、第1ターンマークのバックストレッチ側のコース幅は全国24場の中で最も広く、旋回する時に対岸にぶつかる危険性が少ない為、スピードを保ちやすい。競艇場が湾の内側にある為、風の影響もほとんどなく、クセが少なく穏やかな水面

常滑競艇場(愛知県)

防風ネットが立てられている為、水面はそこまで荒れないが、1年を通して向かい風が吹きやすい競艇場。水質は海水だが水門が設けられており、レース開催時には海と遮断されている為、潮の満ち引きによる影響はあまりない。

津競艇場(三重県)

第1ターンマークのホーム側のコース幅は全国24場の中でも2番目に広い競艇場。夏場は季節風にさらされ、冬場は鈴鹿山脈からの吹きおろしにより、強風が吹き水面が荒れる。その為、風の影響でスタートが難しくなっており、東海地区の中でも一番荒れる水面。水質は淡水だが海のそばにある為、半海水に近い。また、潮の満ち引きはなく水位はほぼ一定。

近畿エリア

三国競艇場(福井県)

夏場は海風、冬場は北風が吹く為、1年を通して追い風が多い競艇場。水質は淡水で水の流れはなく水面が硬い。護岸に囲まれている影響で、第2ターンマークは引き波が残りやすい。冬は雪が多く気温が下がり湿度は高くなる為、ボートが乾きにくくなり、起こしの足は重くなる。

びわこ競艇場(滋賀県)

標高が85mと高所にある為、気圧が低くモーターのパワーは落ちる。ホームストレッチ側では外伸び、逆にバックストレッチ側では内伸びの水面特性を持つ。春~夏には雪解け水が湖に流れ込んで水位が上昇し、びわこ特有のうねりが発生するが、追い風が吹けば季節に関わらずうねりが起こり、このうねりを乗り越えるパワーが求められる。中間整備(非開催美日に整備士が行う本体整備)によってパワーが劇的に上昇するモーターが多い為、モーターの2連対立だけで判断するのは困難。

住之江競艇場(大阪府

全国24場の中でもトップクラスにインコースが強い競艇場。ナイターレースも開催しており、元も舟券の売上高が高い。水質は硬い淡水で、返し波が発生する第2ターンマークは複雑な波が発生し、ターンが難しい為、乗りやすく調整する事が重要視される。

尼崎競艇場(兵庫県)

ホームストレッチ側のコース幅が全国24場の中で一番広く、第2ターンマーク、センターポール、第1ターンマークがほぼ横一線上に並んでいる珍しい競艇場。基本的にはインコースが強いが、冬場は「六甲おろし」、夏場は「甲子園の浜風」によって向かい風が吹き、センターやアウトコースが有利になる。

中国・四国エリア

鳴門競艇場(徳島県)

水面の美しさと景観の良さは全国24場の中でも屈指の競艇場。小鳴門海峡に面しているが防波堤がある為、潮の満ち引きによる大きな波やうねりはないが、満潮時の第1ターンマーク付近は、強い風が吹くと独自のうねりが起きたり引き波が残る。また、第1ターンマークのホーム側との距離が45m、対岸との距離も80mと全国的にも狭い水面

丸亀競艇場(香川県)

海水を利用した水面で、潮の満ち引きがレースに大きな影響を与える。満潮時はうねりが発生しやすく水面が不安定になり、インコースが有利となるが、干潮時では思い切った旋回が可能になり、アウトコースにもチャンスが訪れる。1年を通して向かい風が吹いているが、特に冬場は季節風の栄光で強風が吹く。干満差が約2m程ある為、潮の満ち引きで水面の一と見方が変わってしまうので、スタートを決めるのが難しい水面

児島競艇場(岡山県)

海水を利用した水面で、潮の満ち引きがレースに大きな影響を与える。満潮時はうねりの影響によりターンがしにくく、インコースが有利となる。逆に干潮時は穏やかな水面になり、まくりなどのスピードを活かしたターンが決まる。海水の濃度が濃い為、他の競艇場に比べて体重差が出にくい

宮島競艇場(広島県)

海水を利用した水面で、潮の満ち引きがレースに大きな影響を与える。最大で4mを超える干満差があり、午前と午後から風向きが変わることもあり、スタートが揃わない。干潮時は穏やかな水面だかが、満潮時はうねりが出やすく難しい水面になる。満潮時は1マークに向かって追潮となりインコースが有利、干潮時は1マークに向かって向潮となありアウトコースが有利となる。

徳山競艇場(山口県)

海水を利用した水面で、潮の満ち引きがレースに大きな影響を与える。1マーク側に太華山がある為、向かい風を遮断して、ほぼ年間と通して追い風が吹き、干満差や約3.5mある。一般千などではシード番組や企画レースが多く組み込まれている為、インコースの勝率が高くなっているが、第1ターンマークをホーム側に振って横幅を広くしているので、イン絶対の水面ではない

下関競艇場(山口県)

海水を利用した水面で、潮の満ち引きがレースに大きな影響を与える。大潮の高潮時のみ第1ターンマーク側から海水が流入してうねりが発生するが、ほとんど穏やかな水面。第1ターンマークに回りしろがある為、静水面になるとスピード線が展開される。夏場はバック側、冬場はホーム側からの横風がよく吹くが、スタート付近で向かい風が追い風に変わる事がよくある。また、向かい風はまくり、追い風はイン逃げという一般的なセオリーが当てはまらず、微妙に変わる風邪を読み切った選手が好成績を残す

九州エリア

若松競艇場(福岡県)

海水を利用した水面で、潮の満ち引きがレースに大きな影響を与える。第2ターンマーク後方から潮が出入りし、満潮時は第1ターンマークが潮だまりになる。満潮時はインコースが有利となり、干潮時はまくりが決まる。海が近いこともあり、必ずどこかから風邪が吹いており、満潮時に追い風が強くなると、第2ターンマーク付近にうねりが出やすくなる。

芦屋競艇場(福岡県)

第1レース~第5レースまで1号艇にA級選手を配置した番組を組む企画レースが多い為、インコースの勝率が高いが、企画レースが組み込まれないグレードが高いレースでは、一概にインコースが強いとは言えない。第1ターンマークのホーム側が狭くなっているが、バックストレッチ側は広くなっており、また対岸には自然の葦が生えている為、全速で握れるのでスピードのある選手が有利となる。

福岡競艇場(福岡県)

那珂川の河口に位置している為、風向き、風速、潮の干満によってうねりが発生する。特に満潮時は、第1ターンマーク付近で海水と淡水がぶつかり合い複雑なうねりが起きる。第2ターンマークの奥行が狭く、スタート時に発生した引き波の影響で波乱が起きる。また、インコースの回りシロが少ない為、高度な旋回技術が求められる。江戸川競艇場と並んで全国屈指の難水面と言われる。

唐津競艇場(佐賀県)

全国24場の中でトップクラスの広い水面で、またピットから第2ターンマークまでの距離は178mと一番遠い為、ピット離れが重要となる。第1レース~第4レースでは、1号艇にA級選手を配置した企画レースを屈むことが多い。年間通じて6~7割が追い風が吹く為、インコースが有利だが、追い風が極端に強くなったり、向かい風が吹くと差しやまくり差しが決まる。

大村競艇場(長崎県)

ボートレース発祥の地。全国24場の中でインコースの勝率が1番高い。インコースの1着率は50%、3連率は75%を超える。第2ターンマーク側が大村湾と繋がっている為、第2ターンマークの出口で独自のうねりが発生する。目標物がなく、風向きが変わりやすい為、スタートが難しい。

以上が競艇革命V-MAX(ブイマックス)が分析した全国24箇所の競艇場の特徴や展開分析です。

競艇革命V-MAX(ブイマックス)では、これらに加え、5部門総勢20名を超えるプロフェッショナルたちが提供する“珠玉の関係者情報”と過去の膨大なレースデータを元に、“ボックス買い”に適したレースを割り出し「万舟券」を狙う競艇予想サイトです。

今無料会員登録すると有料コンテンツを使用する際に使えるポイントが100ポイント(10,000円分)がプレゼントされます。無料で提供される予想の質もかなり良く、的中率も高めですから、会員登録後に是非「競艇革命V-MAX(ブイマックス)」の実力を試してみてください!!!!

競艇革命V-MAX(ブイマックス)の口コミ・評価はこちら

関連記事

  1. 競艇予想サイト「フルスロットル(FULL THROTTLE)」の口コミ…

  2. 競艇予想サイト「舟王 競艇予想の極」の口コミや評価を調査!

  3. 競艇予想サイト「競艇RITZ(リッツ)」の口コミや評価を調査!

  4. 競艇予想サイト「ボートクエスト(BOAT QUEST)」の口コミや評価…

  5. 競艇予想サイト「競艇ウェーブ」の口コミや評価を調査!

  6. ドラクエみたいな競艇予想サイトが逸材過ぎる!!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

12345 (まだ評価されていません)
Loading...

PAGE TOP